会社案内 会社概要 アクセスマップ スタッフ募集 「千年写真」への道のり 鉄とステンレスの豆知識 製作日誌 平井正義「写真展」

2011年3月11日の震災による大津波で多くの人命が失われました。そして、多くの写真が水浸しとなり、ボロボロになりました。この津波は人々をさらっていったばかりか、人々の記憶までも奪っていったのです。

弊社代表平井正義はこれまで写真展を多数開催し、長きに渡り写真とかかわってきましたが、紙の写真の傷みやすさ、たやすく折れたり、指紋がついたり、変色してしまう点、さまざまなトラブル、そして環境負荷の高さにつねづね疑問を抱いておりました。だいじな写真を、こんな頼りない紙に託していいものか、森林資源の無駄ではないのか、と。

そんななかでボロボロの写真たちを目の当たりにし、思い出を残すための写真がこんなに弱くては記録の役に立たない、と思い立ちました。

これが、かねてより抱いていた「銅版画のように立体の量感と明暗とを同時に再現した写真はできないか」という着想と結びつき、千年写真へと結実したのです。